安心の国内検査でお子様の才能を開花【GIQ子ども能力遺伝子検査】 ">遺伝子検査でお子様の才能を開花させる方法>>
中学受験の始め方 PR

中学受験 ピアノコンクールやバレエと両立したい その方法は

中学受験 習い事 バレエ ピアノ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ピアノコンクールやバレエ教室と中学受験はやり方によっては両立できます。

私自身が中学受験をしたときは、ピアノと中学受験を両立させて中2くらいまでピアノを習っていました。

また子供のお友達もピアノコンクールに出場しながら中学受験をした子や、バレエで留学の権利まで勝ち取りながらも中学受験をした子も知っています。

この子たちがどのようにして中学受験とピアノコンクールやバレエを両立させてきたのか?について、ご紹介していこうと思います。

中学受験とピアノやバレエは両立できる?

中学受験とピアノやバレエの両立は人それぞれいろんな形で両立をしてきた人たちがいます。

私がピアノと中学受験を両立させたとき

私自身がピアノと中学受験を両立させたときは、ピアノは先生のおうちまで習いに行っていたのに、小6からは先生が家に来てくれるようになりました。

そのため、塾がある日でも塾に行く前にレッスンをしてもらえたし、通う時間が無くなってその分を計算練習に充てていた記憶があります。

当時は小学生だったので何も思わなかったけれど、今思えば先生も協力してくれていたんだなと思います。

将来はピアニスト!と言ってコンクールを総なめしていたお友達

私のお友達は将来はピアノで生きていきたい!と言っていた子がいて、ずっとピアノを練習していたので中学受験塾での成績はいつも最下位に近く、塾内でも一番下のクラスにいました。

それが6年生の夏から家庭教師をつけて、いったんコンクールは置いておいて、そこからの頑張りで最難関校に合格したんです。

半年で中学受験を仕上げたと思うと、これはこれですごい武勇伝ですよね。

たしか芸能人の芦田愛菜ちゃんも6年生の夏ごろから塾に入って勉強したと報道されていました。

それまでもきっとなんらかの形で受験勉強はしていたからこそ、早稲アカの入塾テストにも合格できたし最高レベルのクラスにも入れたのだと思いますが、

本腰を入れるのは6年の夏からというのは、中学受験のセオリーのような共通点を感じます。

ゆる受験とバレエの両立をした息子のお友達

息子のお友達は中学の時にすでにプロのバレエダンサーになることがほぼ決まっていました。

途中で留学もあり得るからということで中高一貫の私立を選んだそうで、あまり勉強に避ける時間もないということでゆる受験を選択したそうです。

ゆる受験という偏差値50~60くらいまでの学校なら、バレエを休まなくても両立させて合格を狙うのは比較的簡単だったそう。

たしかにゆる受験なら難しい問題もあまり出ないので基本さえ押させておけば合格は夢ではありません。

家庭教師だけで中学受験をしたそうです。

スポンサーリンク

ピアノコンクールとバレエと中学受験を両立させるなら6年生の夏を区切りに

ピアノコンクールもバレエも中学受験もと両立させるなら、6年生の夏まではゆるく受験勉強を進めておきましょう。

とくに算数はいきなりやってできるものではないので、算数だけは学習して追いついておく必要があります。

そしてピアノやバレエを必死で頑張れる子は、集中力があるので6年生夏からはちょっとだけ勉強にその集中力をそそぎます。

一般的に社会や理科などの暗記科目は6年生の夏からやれば詰め込んでいけるとされています。

おそらく両立してきた子たちは、家庭教師などのプロの意見を聞きつつ、そういった方針を取ってきたのだと思います。

私たちは中学受験というと、中学受験塾に通ってカリキュラムをこなし、1回1回のテストでいい点数を取って偏差値を上げていくイメージだと思うんですが、

おそらく、将来プロを目指しているような子たち専用の中学受験攻略マニュアルというのがどこかにあって、

その通りに進めて子どもがついてこれれば、合格できるのではないかと私は感じています。

でもそのためにはプロの家庭教師を雇ったり、バレエを続けながら中学受験塾にお金を払うだけの余裕が必要です。

そんなのお金なんて困ってないわという方は、中学受験専門のプロ家庭教師を探してつけましょう。

バレエやピアノと中学受験を両立したい子なんて山ほどいるはずで、その対応も何年もしてきているはずなので

相談するところさえ間違えなければきっとその願いもかなえてもらえるはずです。

私はよくは知らないのですが、おそらく中学受験専門プロ講師の中学受験個別指導塾ドクターのようなところなら、習い事との両立について相談に乗ってもらえるのではないでしょうか。

この個別指導塾ドクターには家庭教師もあるので、ぜひ見てみてください。

また最近は中学受験塾もweb授業を始めていて、自宅に居ながら塾の授業を受けられるシステムがかなりのスピードで普及しています。

関西で受験をするなら浜学園のweb授業がおすすめです。

6年生の夏までwebで学習して、夏から一気に通塾に切り替えるという方法もいいのかもしれません。

この辺りは浜学園の資料を取り寄せたり、直接メールで聞いてみたりしてください。

灘中合格者数17年連続日本一達成!中学受験専門塾【浜学園】


中学受験とピアノコンクールやバレエの両立はいろんな人に相談しよう

まず中学受験をすることは、習い事の先生にも相談する必要があります。

ですが、それよりも先に中学受験と習い事のプロの意見を聞いて、その通りに動くのが合格への近道です。

中学受験プロの家庭教師の先生や個別指導塾の先生など、比較的時間もこちらの都合に合わせてくれる先生をつけて、ちゃんと計画通りに学習を進めていきましょう。

両立をするとどうしても忙しくなって、バレエやってない時間はほとんど勉強のようになるかもしれませんが、それを乗り越えられる子だけが両立できる厳しい世界です。

多くの子が脱落していく中で、ちょっとでもお金をかけられるのならプロの家庭教師の先生をつけて、徹底的にサポートしてもらってください。

灘中合格者数17年連続日本一達成!中学受験専門塾【浜学園】

遺伝子検査でお子様の才能を知ってみませんか?

GIQ子ども能力遺伝子検査では、お子様が生まれながらに持っている能力を遺伝子から解析します。

検査をすることによってまだ開花されていない能力や、親でも気が付いていない能力に気づくことができます。

中学生・高校生はこれからの進路選びに迷う時期で、数学が得意だから理系、数学が嫌いだから文系という安易な選び方をしてしまう子も多いんです。

でもそれだと、本当にやりたいことが見つからないまま進路選択をしてしまい、高3になってやっぱり文系が良かった、やっぱり理系が良かった、芸術系を諦めたことを後悔しているなど、進路選択に迷いが出てくることもあります。

自分ってどんな人なの?を理解する手がかりとして、GIQ子ども能力遺伝子検査を試してみませんか?

検査は家で簡単にできます。

届いた検査キットについている綿棒で口の中をこすり、それを送り返すだけ。

30日から60日で結果が出ます。

プロによる学習向上アドバイスもついていますので、とても参考になりますよ。

\期間限定5,500円OFF/

安心の国内検査でお子様の才能を開花【GIQ子ども能力遺伝子検査】

才能を育てる学習法ガイドブック付き
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA